So-net無料ブログ作成
検索選択

<ギフチョウ>今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)

 「春の女神」と呼ばれるギフチョウが2日、岐阜市大宮町の名和昆虫博物館で羽化した。暖冬だった昨年より10日ほど遅いが、例年並みという。

 ギフチョウは同館初代館長の故・名和靖氏が県内で採取したことから命名。後ろの羽の先の赤と青、オレンジ色の鮮やかな紋が特徴。羽を広げた際の大きさは5〜6センチ。羽化したのは越冬した約150匹のさなぎのうち3匹。ヤマザクラの花にとまる姿が来館者を楽しませていた。【宮田正和】

【関連ニュース
長金治さんと絶滅危惧種展:貴重なチョウなど550点−−日田市立博物館 /大分
ホタル:子どもら40人が幼虫放流−−大垣・西公園 /岐阜
蜂ろうそく:世界で一つ 巣を観察、抽出依頼−−神奈川大の中島学長 /神奈川
研究発表会:広島市の3公園合同で /広島
ホタル:五十鈴川に 伊勢・おかげ横丁、再生計画に着手 27日に水路整備 /三重

ノエビア前副社長再逮捕へ 交際女性にも嫌がらせメール(産経新聞)
郵政ファミリー企業「聖域なく見直す」亀井氏(読売新聞)
マック偽造優待券一千万円分、重くてバレた(読売新聞)
地域医療支援病院は全国で267施設−厚労省(医療介護CBニュース)
<東京都>五輪招致の赤字は7億円 民間から借り入れへ(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。