So-net無料ブログ作成

ボブ・ラッツ氏、新興企業に再就職…「時代はまだ内燃機関」(レスポンス)

5月1日をもって、GMを勇退したボブ・ラッツ氏。そのラッツ氏が早くも再就職先を見つけ、米国で話題となっている。

ボブ・ラッツ氏は、1932年スイス生まれで、現在78歳。1954 - 59年、米海兵隊に所属し、パイロットとして働いた。ラッツ氏の自動車業界でのキャリアは、63年、GMヨーロッパから始まる。71年にはBMWへ転職。そして74年、フォードモーターへ入社し、副会長にまで出世した。

ところが86年、ライバルのクライスラーグループへ電撃移籍。GMのシボレー『コルベット』に対抗できるスポーツカー、ダッジ『バイパー』や、レトロブームの火付け役となったクライスラー『PTクルーザー』の開発を主導した。

そして98年、クライスラーを去り、自動車業界から距離を置く。しかし2001年9月、今度は再びGMへ入社。シボレーやキャデラック・ブランドの再生で成果を上げた。

そんな米自動車業界のカリスマ、ラッツ氏だけに、GM退社後も引く手あまただったようだ。カリフォルニア州に本拠を置くトランソニック・コンバーション社は24日、「ラッツ氏を役員として迎え入れる」と発表した。

トランソニック・コンバーション社は、2006年に設立された新興企業。特許技術の「TSCi」と呼ばれる燃料噴射システムを、世界中の自動車メーカーに納入している。同社によると、TSCiは燃費性能を引き上げ、エミッションを減らすメリットがあるという。

新天地を得たラッツ氏、「もうしばらくは内燃機関の時代。ユーザーや自動車メーカーは、燃費や排出ガス性能を高める技術を求めており、トランソニック・コンバーション社のTSCiは、世界基準の燃料噴射システム」と、さっそくPRに努めている。

今後ラッツ氏は、自動車業界における幅広い人脈を生かして、トランソニック・コンバーション社の最高のセールスマンとして活躍することだろう。

《レスポンス 森脇稔》

【関連記事】
GM、3年ぶりの黒字計上…1-3月実績
GM副会長主催、キャデラックのメディア対抗レース…GMが上位独占
【人とくるまのテクノロジー10】フリクションロス低減はエンジンの最重要課題
【メルセデス新エンジン】V6エンジンはレクサス LS600hL より好燃費
注目の記事 特別編集

文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
<東日本入管センター>ハンスト参加者ゼロに 待遇改善訴え(毎日新聞)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
<天気>九州で大雨 24日は近畿や東日本にも(毎日新聞)
<普天間移設>日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ(毎日新聞)

口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は14日の閣議後会見で、宮崎県で口蹄(こうてい)疫の感染が拡大していることについて「これをやったら直ちにこの病気が抑えられるという特効薬はない」と述べ、消毒や感染した家畜の殺処分などこれまでのまん延防止策を徹底するのが重要との認識を改めて示した。
 一方、東国原英夫同県知事らが、口蹄疫が今後一段と広がった場合、一定地域内に限り感染していない家畜を含め全頭殺処分する可能性を指摘していることに関し「健康な家畜を殺すのはどうなのか。人の財産権を侵すことは慎重に考えないといけない」と述べた。 

【関連ニュース】
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫
口蹄疫対策で小沢氏に要望=宮崎県知事
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎

青木幹雄氏が脳梗塞“参院のドン”引退決断(スポーツ報知)
<H2Aロケット>新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁(産経新聞)
相続税額は1.0%減=課税割合は5年連続最低水準―国税庁(時事通信)
たちあがれ日本 片山元総務相の擁立検討 参院選比例(毎日新聞)

不適切行為で老健施設に改善勧告―宇都宮市(医療介護CBニュース)

 介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」(宇都宮市)の職員が入所者を虐待していた恐れがあるとして、立ち入り調査を行った宇都宮市はこのほど、高齢者虐待防止法に抵触する事実は判明しなかったと発表した。ただ、同施設の職員が入所者の裸を携帯電話で撮影するなど「極めて不適切な行為」が確認されたとして、介護保険法に基づき同施設を運営する医療法人北斗会に改善勧告した。

 市が立ち入り調査を行ったのは4月19日から7日間。不適切な行為を受けた5人の入所者のうち、1人の入所者本人とその他4人の家族にも聞き取り調査を行った。その結果、目立った外傷や精神疾患が認められなかったため、高齢者虐待防止法に抵触する身体および精神の虐待には当たらないと判断した。

 今回の調査により、入所者の骨折事故など12件を市へ報告していなかったことなども新たに発覚した。

 市は今回の問題を重く受け止め、北斗会に▽適切なサービスの実施▽未然防止の体制整備▽職員の研修体制強化▽事故発生時の速やかな通報―の改善計画を提出するよう指示。また今後、半年間をメドに、改善状況を毎月確認する方針だ。


【関連記事】
老人虐待の疑い、宇都宮シルバーホームに立ち入り調査―宇都宮市
高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県
高齢者虐待防止法、介護者支援重点に見直し検討―山井厚労政務官
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など
グループホーム団体連合会が初の全国フォーラム

<架空発注詐欺>容疑で全日空子会社元社員を逮捕(毎日新聞)
マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら−東京(時事通信)
<鳩山首相>日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)
介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用(医療介護CBニュース)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。